糖ダウン 飲み方

糖ダウンの飲み方に決まりはある?飲み方の注意点とは

高めの血糖値が気になる方をサポートする機能性表示食品が「糖ダウン」です。
糖ダウンには機能性関与成分としてALA(アミノレブリン酸リン酸塩)が配合されていて、この成分が高めの空腹時血糖値をサポートして、食後の血糖値上昇を抑制します。
糖ダウンの飲み方は難しいことはなく、1日1カプセルを摂取します。飲み方に気をつけないと血糖値上昇の抑制が期待できないサプリメントもありますが、糖ダウンは飲み方を気にする必要はありません。1日1カプセルの摂取を継続することが大切です。
でも、どうして飲み方を気にする必要がないのでしょうか。
一般的な糖対策サプリメントは、糖の吸収を抑制することで血糖値の上昇を抑えます。食事で摂取した炭水化物は、消化酵素の働きで単糖類にまで分解されて、小腸で吸収されます。この糖を分解する酵素の働きを抑制することで、一般的な糖対策サプリメントは血糖値の上昇を抑制するのです。そのため、食事の前に摂取をしないと効果は期待できません。食事から時間が空いてしまうと、消化酵素が炭水化物を吸収できる形にまで分解して、糖が体内に吸収されてしまいます。
一方糖ダウンの場合は、ALA配合で糖をエネルギーに変える力を高めることで血糖値の上昇を抑制します。
体内に糖が取り込まれると血糖値が上昇をします。しかし、体内に取り込まれた糖をどんどんと使ってしまえば、血糖値の上昇は抑えることができます。糖をエネルギーに変える力が高まれば、どんどんと体内に取り込まれた糖を燃やすことができるので、これによって血糖値上昇が抑制されるのです。
糖をエネルギーに変える力を高めて血糖値の上昇を抑える場合、摂取するタイミングを意識する必要はありません。糖が体内に取り込まれてからでもエネルギーに変える力によって糖対策ができるので、飲み方は気にしなくてもよいです。
糖ダウンの飲み方で大切なことは毎日継続して飲むことです。3か月の摂取で食後血糖値の変化量がダウンすることが確認されています。
1日3食を食べることが一般的なので、毎食前に摂取しなければならないサプリメントは1日3回摂取しなければならず、飲み忘れをしてしまう可能性があります。しかし、糖ダウンの場合は1日1カプセルが摂取目安量で飲むタイミングに決まりはないので、飲み忘れすることなく毎日継続をして飲みやすいことでしょう。そうはいっても忙しいと飲み忘れてしまうことがあるので、飲む時間帯を決めておくことがおすすめです。

page top